婦人

アロマを使ったセラピストになるには資格が必須

ハートフルな仕事です

大学生

保育士の仕事はハートフルな仕事として知られており、一生役立つ資格でもあります。近年は様々な場所での活躍が期待できる資格です。専門学校や短期大学などで資格の取得が目指せるので、安定志向の方、地方でも活躍したい方の取得がおススメです。

専門学校を利用する

男性

資格を持っていると、就職や転職の際に利用することができます。特に、ビジネスで必要とされることの多いフィナンシャルプランナーや簿記検定といった資格は人気があります。資格を取得するためには、もちろん勉強が必要となり、資格によっては独学でも取ることができます。

香りの専門家

アロマセラピー

西洋の漢方を扱う

アロマはリラクゼーション効果を与えるものとして扱われていますが、欧米では医療的にも役立つものとされ、西洋の漢方とも言われています。つまりアロマを上手に使うことで体の調子を整えていくことができるのです。セラピストはその専門家としての知識を持つ人となり、アロマスクールに通って西洋の漢方となるアロマの知識を勉強し、資格を取る人が増えています。ラベンダーの香りは気持ちを落ち着かせる効果がある、カモミールの香りからストレスを緩和させる効果があるなど、セラピストはそれぞれの香りから体にどのような影響を与えるのかを知る存在です。最近ではラベンダーやオレンジの香りは認知症に効果を出すとテレビの健康番組で話題となり、その香りがするアロマが急速に売れたことがありました。セラピストはその効果のほかにも、呼吸器系に効果を引き出すものはハーブ系の香りが良いことや心身のリフレッシュにはフローラルな香りのアロマが良いなどさまざまな知識を有します。独学で勉強する人もいますが、資格を取るためならばアロマスクールに通って専門的な講習を受け、実習を積み重ねて知識を得ていくことで高いスキルを得て資格を取ることができます。人によっては日本国内の資格のみならず海外での資格を取るために留学する人もいます。本格的なセラピストを志そうとするのであれば、幅広い範囲で勉強するのも良い方法です。薬を使わずに自然療法で心身を回復させるセラピストの勉強に魅力を感じる人は多くなってきています。

幅広く学べるのがメリット

保育園

保育士資格を大学でとる場合は、幅広く知識を身につけられるという魅力があります。幼稚園教諭や小学校教諭、臨床心理士や特別支援養護教諭など様々な資格をとれる学校も多いです。実習が充実している学校も多く、実習を積みながら学生生活を楽しむこともできます。