ウーマン

アロマを使ったセラピストになるには資格が必須

幅広く学べるのがメリット

保育園

実習先に注意

保育士資格をとることができる養成学校は、四年制大学、短大、専門学校の三種類があります。それぞれメリットデメリットがあり、目的に応じてもおすすめの進学先は異なります。大学で保育士資格をとるメリットは、幅広く知識を得られるということです。学習期間は四年間と他の学校より長いため、基本的な知識から専門的な知識まで幅広く身につけることができます。より高度な知識を身につけることも可能で、人間的に深みを持った保育士となることができます。多くの大学では、幼稚園教諭や小学校教諭の資格もとることができるようになっており、様々な場で活躍することもできます。これらの資格だけならば短大でも取得可能ですが、大学の場合はさらに高度な臨床心理士や特別支援養護教諭の資格をとれるところもあります。現在、保育士として働いている人は短大や専門学校卒の人が多いので、大学卒として働く場合にはこうしたプラスアルファの資格や経験を持っていることが重要となってきます。保育士に特化した大学も登場してきており、そうした学校では非常に充実した実習を受けることもできます。実習の有無は非常に重要です。特に保育園への就職を意識しているのならば必ず保育園の実習を受けるようにしましょう。万が一カリキュラムになければ、ボランティアやバイトなどで経験を積んでおくべきです。実習が充実した大学を選べば、しっかり実習を受けることができ、さらに学生生活も楽しめるというメリットがあります。時間的な余裕が魅力です。