ウーマン

アロマを使ったセラピストになるには資格が必須

ハートフルな仕事です

大学生

一生活躍できる資格です

子どもが置かれている環境は昭和の時代に比べると大きく変化しています。共働き率の上昇、核家族の増加で3歳未満の託児も需要が都市部を中心に増加しており、保育士不足に悩んでいる自治体も増加しています。つまり今、保育士は需要が増加し、求人率が非常に高まっている仕事なのです。そんな人気の保育士は、国家資格が必要になる仕事です。主に専門学校・短期大学などで専門課程を勉強後に国家資格の受験を行うのがルートになっています。子どもの情操教育などをメインに勉強を重ね、ピアノなどをマスターしていく人も多いでしょう。保育士の課程を学べる専門学校や短期大学は全国にあるので、地方に居ても資格の取得を目指すことが出来ます。学校選びの際に重要なことは、合格率をチェックしておくことです。全国に学校があるとは言っても、合格率が低い学校もあるのは事実です。確実に専門課程をこなして合格を目指すには、実績の多い学校に進学をすると良いでしょう。また、実績の多い学校は就職の際に有利な場合もあります。特に地方の場合、新規保育士募集の案内が学校に寄せられることも多く、就職活動がしやすい傾向があります。今は保育所だけではなく、児童館や学童、私立の幼児スクールにも需要が増加しているので、子どもと関わるハートフルな仕事に就きやすくなっています。子育てなどで一度現場を離れても、復職しやすい資格としても知られているので、取得を目指してみてはいかがでしょうか。